ノンエーの成分は保湿とニキビ対策効果が抜群!

ニキビって、乾燥肌でもなりますし脂性肌でも発生します。

 

そのため、あまりにも保湿成分が少なすぎてもいけませんし、
べたつくくらいの保湿効果があってもよくありません。

 

 

では、ノンエーについてはどのくらいの保湿効果や
ニキビ対策成分が入っているのでしょうか?
ここでは、ノンエーの成分について調べてみました。

 

 

 

まずは、ノンエーの保湿成分から確認してみました。

 

ダイズエキス

 

皮脂の分泌を丁度良く保つ働きがあります。

 

そのため、乾燥肌でニキビが出来ている人は肌を潤し、
脂性肌でニキビが出来ている人は油分を抑える働きがあります。

 

ローヤルゼリーエキス

 

ビタミンやミネラルなどといった、
私達の健康には必要な栄養素が
詰まっているのがローヤルエキス。

 

肌の奥深くまで保湿をする成分です。

 

ヒアルロン酸ナトリウム

 

外気の温度に左右されることなく保湿し、
角質層の水分を増やす効果がある成分です。

 

とても高い保湿力で、肌に保護膜を作ってくれます。

 

濃グリセリン

 

高い保湿力があり、乾燥肌を改善することに役立ちます。
粘着性があり、固くなった角質を
柔らかくして肌状態を良く
します。

 

アレルギーを抑える効果もあります。

 

ブチレングリコール

 

安全性の高い、化粧品によく使われている保湿成分です。

 

さっぱりとした保湿感があります。

 

以上が、ノンエーに含まれている保湿成分です。

 

保湿についてはバッチリですね。

 

乾燥肌からニキビになっている人なら
かなり効果があるはずです。

 

また、ダイズエキスが肌の油分を調節してくれますので、
脂性肌の人が使っても問題ありません。

 

 

次は、ノンエーに含まれている
ニキビを改善する成分をご紹介いたします。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

天草というハーブから抽出されている成分で、
抗炎症作用がありますのでニキビの炎症にも効果があります。

 

甘味のある成分なので、
甘味料としても使われることがあります。

 

クワエキス

 

高木であるクワの実や葉には、
栄養素が高く、マグネシウムやミネラルが豊富にあり、
炎症を抑える作用があります。

 

海藻エキス

 

引き締め効果や肌の血流を改善する効果があり、
過酸化脂質※1というニキビの原因を抑える働きがあります。

 

※1過酸化脂質・・・脂質が活性酸素によって酸化してしまったものを言います。

 

発がん物質の1つともされています。

 

ノンエーに含まれているニキビを抑える成分は
上記の3種類になります。

 

保湿成分よりもかなり少ないと思いますよね。

 

 

しかし、ご紹介したグリチルリチン酸ジカリウムという成分は、
ステロイドと似たような働きがあるくらい、
ニキビには効果を発揮する成分で、
厚生労働省も一定の効果があると認めている成分なのです。

 

そのため、たった3つと思いがちですが、
ちゃんとニキビには効果があることは確かです。

 

 

また、ノンエーの成分は、パラベンやアルコール、
合成着色料や香料などといった
肌を刺激しやすい成分は含まれていません

 

つまり、肌に優しい成分ばかりで
作られている石鹸になっていますので、
肌が弱い人でも安心して使うことが出来ます。

 

 

どんなニキビにも効果があると口コミでも人気のノンエー。

 

そんなノンエーの成分については、
保湿効果がしっかりと配合されており、
厚生労働省も認めている
抗炎症作用成分が入っていることが分かりました。

 

また、肌を刺激しやすいパラベンや
着色料などの成分についてはほとんど入っていませんので、
敏感肌の人でも十分に使うことが出来る商品でした。

 

口コミでは2カ月くらい使っていると
効果を実感しやすいと評判です。

 

是非セット価格から注文してみることをおすすめします。

 

【画像あり】ノンエーの口コミ | 実際に男が試した本音レビュー