ノンエーとプロアクティブ | 肌トラブル改善に適してるのはどっち?

ノンエーとプロアクティブ | 肌トラブル改善に適してるのはどっち?

20代の肌トラブルって、シミやシワなどのトラブルが少しずつ増えてくるものですが、まだまだニキビトラブルも多いものですね。また、20代というと初めての社会人生活を経験するため、慣れない仕事に残業続きでニキビが多発する・・・なんてこともよくあります。

 

 

せっかくのフレッシュな新社会人なのにニキビで印象を下げてしまっては損ですよね。そんなニキビケアにはノンエープロアクティブが人気ですが、どちらが肌トラブルを改善しやすいのでしょうか?

 

 

プロアクティブは大分前から宣伝してるから効果も高そうだけど


 

 

肌トラブルってニキビ以外に乾燥とかもあるからね。ニキビ以外のトラブルも改善やすいのはどちらなのか見てみよう!


 

肌を保湿するのはどっち?

 

やはり、肌トラブル全体を改善するなら肌バリアを強化しないとどんなトラブルにも負けてしまいますね。では、ノンエーとプロアクティブではどちらが保湿効果が高いのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、肌を保湿するのはノンエーの方が高いです。

 

ノンエー

 

ノンエーには保湿成分としてヒアルロン酸・リピジュア・ローヤルゼリーが配合されています。ヒアルロン酸は保湿成分として有名ですよね!1gもあれば6Lもの水分を潤すことが出来るくらい高い保湿効果があります。

 

 

これだけでも保湿効果は高いですが、何とリピジュアについてはヒアルロン酸の2倍もの保湿効果があるのです。ローヤルゼリーは保湿だけではなく栄養豊富で美肌へみちびく効果があるので、ノンエーを使って洗顔した後は、肌がもっちりと潤い突っ張らないと有名です。

 

プロアクティブ

 

プロアクティブにも保湿成分が配合されていますが、ノンエーよりもしっかりと保湿をしてくれる成分はありません。では、その成分とは何かというと、

  • ユキノシタエキス・・・代表的な効果はニキビなどの肌荒れ改善効果。その他にも保湿を期待出来ます。
  • ブドウエキス・・基本的な効果は抗酸化作用や消炎効果。その他にも保湿効果が期待出来ます。
  • クワエキス・・・消炎作用もありますが、保湿効果も高いです。
  • オウゴンエキス・・・アトピーを抑制する効果や保湿効果が期待できます。

 

プロアクティブの保湿成分は、確かに高い保湿効果がある成分もありますが、基本的には消炎効果の成分になっていることが分かりますね。

 

 

口コミでも、「プロアクティブだけでは保湿が足らない」「プロアクティブを使う時には保湿メインの化粧水も必要」という内容がよくありました。

 

 

実際の使用感

 

実は、私プロアクティブを使用したことがありまして・・・。しかも20代の頃、残業続きでニキビが出来ていた頃に使用していました。

 

 

そして、見事に肌トラブルを起こしたのです・・・・。まずは、ノンエーの実際に使用感を口コミでご紹介しながら、プロアクティブの私の経験をご紹介いたします。

 

 

ノンエー

 

ノンエーは肌を刺激させるような成分は一切配合していない薬用洗顔石鹸になります。実際に泡立てネットを使って泡立ててみると10秒くらいでかなり優しい泡を沢山作ることが出来ます。

 

 

その泡の正体は、カリウム保有セッケン用素地という赤ちゃんやアトピーの方でも使用出来るくらい優しい石鹸です。この石鹸は洗浄効果もしっかりとあるため病院でも使われているものの、グリセリンという保湿成分が多く含まれているため、汚れを落としながら肌に油分を与えます。

 

 

そのため、ノンエーで洗顔した後は全くと言っていい程肌は突っ張りません。確かにノンエーが合わなかったという口コミも少しはあるものの、そのような人達はどのような症状が現れたのかというと、肌が赤くなったという症状のみの場合がほとんどです。

 

 

まとめてみると、ノンエーについては肌を刺激させる成分が一切入っていないとても優しい泡で汚れを落とし、洗い上がりもつっぱらないままニキビを改善してくれるということです。

プロアクティブ

プロアクティブには、サリチル酸という殺菌効果やピーリング効果の高い成分が入っていることが特徴です。また、サリチル酸は古い角質層も溶かしてくれます。

 

 

そのため、皮脂の分泌が激しい方や脂性肌の方だと比較的ニキビも改善しやすいです。肌が荒れやすい方は乾燥肌や敏感肌の方です。また、脂性肌の方でもずっとプロアクティブを使って皮脂を洗い流しすぎると肌への刺激が強く炎症しやすいです。

 

 

泡立ちは、泡立てネットを使用してもノンエーほどの泡立ちはありません。しかし、ノンエーよりもさっぱりと仕上げることが出来ます。洗い上がりは肌全体を一皮むいたような感じになります。

 

 

私の場合、肌は混合肌になるのですがプロアクティブを使用して2日目から肌が乾燥し始めました。でも、テレビでもニキビにすごく良いと紹介しているので使い続けていた所、だんだんと乾燥肌の所が真っ白になってきたのです。そして、1週間後には肌がウロコ状みたいになってきて外出するにはマスクが外せなくなりました。

 

 

もうここまで来たら止めなきゃいかんだろ!!


 

 

止めたのかぁ・・・


 

でも!それでも私は諦めませんでした(笑)マスクをしながら一生懸命プロアクティブを使い続けていました。すると、もう肌が限界になったのでしょう・・・。2週間後には、ついに一番乾燥して肌荒れしていた鼻の下と顎から血が出てきました・・・。もうこれは無理だと思って60日間の返金保証制度を使いました。

 

 

プロアクティブはかなり油分を持って行かれます。そのため、ものすごくお金を出して保湿をしていかないと少しでも乾燥している所は肌が荒れてしまいます。

 

 

結論、ニキビ以外にも肌トラブルを改善したい場合には、ノンエーを使用することをおすすめします。

page top