ノンエーとビーグレン | おすすめできない2つのデメリットとは

ノンエーとビーグレン | おすすめできない2つのデメリットとは

ニキビに特化した洗顔や化粧品を使おうとするなら、出来るだけメリットの多いものを使いたい所ですが、メリットがあればデメリットだってあるものです。

 

 

ニキビ改善効果が期待出来る有名な商品としては、ノンエービーグレンがありますが、こちらもメリットばかりがネットでは際立って紹介されているものの、少なからずデメリットも存在するものです。

 

 

 

確かに、全てがいいなんてことはないよなぁ。デメリット、知りたいような知りたくないような・・・。


 

 

デメリットも知らないと後悔することもあるから確認しておこう!


 

ノンエーとビーグレンに共通するデメリットとは!?

 

「どんなことをしても改善出来なかったニキビが改善した!」という口コミの多いノンエーと、ニキビ専用のニキビケアプログラムを用意しているビーグレン。そんな2つの商品には2つのデメリットがあります。
2つのデメリットとは、「価格が高い」ということと「肌に合わないことがある」ということです。

 

価格が高い

 

ノンエーもビーグレンも、普通のコスメに比べると価格は高めです。ノンエーは全額返金保証制度や無料サンプル、ビーグレンは365日返金制度やトライアルセットを用意していますが、全額返金保証制度を受けるにも1度はお金を払わなくてはいけませんし、継続したい場合はある程度のお金が必要となります。

 

 

また、ビーグレンのトライアルセットについても、トライアルだけでは肌に合うか合わないかくらいしか分からないので実際に通常のニキビケアプログラムを購入しようとするとかなりの金額が必要になります。

 

 

ノンエー

 

ノンエーの場合、通常価格は1個2,940円に送料540円かかります。初回購入の方はノンエーにローションやミニノンエー洗顔、ノンエージェル、泡立てネットが無料でついてきますが、洗顔だけで送料を合わせると3,000円以上のお金を払わなくてはいけないのかと思うと、継続しにくいですね。

 

 

また、口コミでも「とりあえずノンエーを購入してみて自分に合っているのはよく分かったけど、価格が高いから継続出来ない」という内容は時々目につきました。

 

 

では、ノンエーを安く購入する方法はないのか!?と思いますよね。ノンエーを一番安く買う方法は、ノンエーを公式サイトからまとめ買いすることです。
公式サイトでは単品購入以外にも3個まとめ買いを用意しています。
こちらから申し込むと通常価格8,820円+540円の所が10%オフの7,980円になり送料が無料になります。それでも高めですけどね・・・。

 

 

送料合わせたら9,000円を超える商品の10%オフかぁ。普通に考えるとそれでも高いな。


 

 

送料払うからもっと安くしてって感じだよね。


 

ビーグレン

 

ビーグレンの場合は、せっかくニキビケアプログラムが用意されていますのでこちらの商品を1つずつ価格を紹介いたします。先に申しますと、ビーグレンの場合、全てがお高いです!

 

 

ニキビケアプログラムで用意されているのはクレイウォッシュ(洗顔料)4,212円、クレイローション(化粧水)3,996円、Cセラム(美容液)5,076円、モイスチャーゲルクリーム(ゲル)6,480円になります。

 

 

公式サイトでは今こちらの商品全てが5%オフで購入出来ますが、たった5%・・・。正直あまり金額変わりません・・・。そして、このニキビケアプログラムを全て購入しようとすると1万円を超えてしまいます・・・。

 

 

では、そんな洗顔料だけでも4,000円以上してしまうビーグレンを安く購入する方法はというと、トライアルセットから申し込むという方法があります。
トライアルセットから申し込むとニキビケアプログラムの全ての商品が1,800円で購入することが出来ます。

 

 

しかし、トライアルセットではクレイウォッシュについては3.4日分しか入っていないのです・・・。それ以外は10日くらい持つのですが、やはりトライアルセットから分かることは本当に肌に合うか合わないかということくらいで、ニキビ改善効果は期待できません。

 

肌に合わないことがある

 

特にノンエーの場合は肌に優しいことが売りの洗顔ですが、口コミを確認してみると肌に合わなかったという内容が少なからずあります。その主な症状は「肌が赤くなった」という症状でした。つまり、いくら優しい洗顔だと言っても、肌に合わない人もいるということです。

 

 

また、ビーグレンの場合も合わない人もいることが口コミから分かっています。口コミでは、ノンエーよりも症状がひどめで「数日したら湿疹が出来た・かゆみが出始めた」という内容になっていました。

 

 

敏感肌の人って商品選ぶ時にすごく悩みながら買うから、副作用が出た時のがっくり感はけっこうなものだよね。


 

 

“まただめだったのか〜”って思うと、もう何使ったらいいのか分からなくなってくるね。


 

価格も副作用についてもノンエーの方が優しい気はしますが、やはりデメリットはデメリット。ノンエーもビーグレンも返金保証を用意しているとは言え、特に金額面では継続しようとすると踏みとどまってしまう値段設定になっていることは確かですね。

page top