ノンエーはおでこのニキビケアに効果的な3つの理由とは

ノンエーはおでこのニキビケアに効果的な3つの理由とは

おでこにニキビが沢山あると、ついつい前髪で隠してしまいがちですね。でも、隠してばかりではニキビがキレイになることもありませんし、その場しのぎの対処法になってしまいます。

 

 

やはりおでこニキビの原因を突き止めて正常な肌へと導いてあげるのがベストですね。

 

 

そもそもおでこニキビには4つの原因があります。その中でノンエーが効果的な原因は3つあります。

 

 

この4つの原因が分ればかなりニキビケアに近づけるね!


 

おでこニキビの4つの原因

 

おでこニキビの原因は、

  • ホルモンバランスの乱れなどから来る過剰な皮脂分泌
  • シャンプーなどの洗い残しによる刺激
  • ストレス
  • 食生活の乱れ

です。

 

ノンエーでケア出来るのは3つ!

 

ノンエー石鹸については、4つの原因の内3つをケアしてくれます。
その3つとは、

  • ホルモンバランスの乱れなどから来る過剰な皮脂分泌
  • シャンプーなどの洗い残しによる刺激
  • ストレス

です。

 

 

「食生活の乱れによるニキビケア」についてはちょっと難しいのですね。どうしてこちらは難しいのかというと、これは内臓がSOSを求めているサインの場合が多いからです。

 

 

例えば、暴飲暴食をしていたり下痢が続いていたりするとおでこにニキビが出来やすくなります。特に、内臓の中でも胃腸系が弱っているとおでこに出来やすいので、もしも食生活の乱れが原因の場合は、まずは胃腸を休息させてあげることがニキビケアの改善方法になります。

 

3つのノンエーでケア出来る理由

 

では、残りのノンエーでケア出来るとご紹介した3つの理由を見てみましょう。

 

ホルモンバランスの乱れなどから来る過剰な皮脂分泌

 

思春期になると特にホルモンバランスが乱れておでこニキビが増える方は多いですね。ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンの分泌が強くなるので皮脂の分泌も多くなり、毛穴が詰まりやすくなってニキビも出来やすいのです。

 

 

ノンエーについては、顔につけると泡がすばやく毛穴に入り込む高い洗浄力があります。これは、泡パックをしていると肌が乾燥してしまうくらいの洗浄力の高さです。そのため、詰まりやすくなった毛穴の皮脂もさっぱりと洗い流し、毛穴の詰まり対策になります。

 

シャンプーなどの洗い残しによる刺激

 

シャンプーやトリートメントの洗い残しがあると、顔にその刺激成分がついてしまうことがあります。また、前髪が洗い残しの刺激に加えて更に刺激になり、ニキビが悪化しやすくなります。

 

 

これを改善するためには、シャンプーなどをした後に洗顔を行うことが一番大切なのですが、それ以外にも刺激の少ない商品を使うということも大切です。低刺激のシャンプーやトリートメントを使えば、おでこが刺激を受けることも少なくなりますからね。

 

 

ノンエーについては、赤ちゃんでも使えるくらいの肌に優しい低刺激石鹸になっています。そのため、シャンプーやトリートメントを使用した後に低刺激のノンエーで洗顔をすれば髪の洗い残しの刺激物残っていたとしても低刺激のノンエーでキレイさっぱり洗い落とせ、おでこに化学物質が付着したままになることを防ぐ対策になります。

 

ストレス

 

ストレスがかかると肌のターンオーバーが遅くなって、上手く肌が生まれ変われなくなるので角質が硬くなりがちです。こうなるとバリア機能も低下しますのでちょっとした刺激からニキビが出来やすくなります。

 

 

やはり根本から改善するならストレスを取り除くしか方法はありませんが、ストレス社会の現代でストレスフリーの生活を手に入れるのはかなり難しいですね。

 

 

ノンエーでは、洗顔石鹸の中にヒアルロン酸やローヤルゼリー、スクワランなどと言った保湿成分を含みますので、汚れを洗浄しながら顔に潤いを与え、しっとりと洗い上げます。

 

 

ノンエーだけではもちろん保湿は足りませんが、ノンエーで洗顔をした後にしっかりと化粧水などで保湿をしてあげれば、バリア機能が弱くなることは防ぐことが出来ます。

page top