ノンエーが好転反応が出にくい理由とは

ノンエーが好転反応が出にくい理由とは

ノンエー問わず、肌には好転反応と言って肌トラブルを改善する前に一時的に症状が悪化する時があります。

 

 

では、ノンエーは刺激物は少ないですが、使用すると好転反応でニキビが一時的に悪化しやすいのでしょうか? 

 

 

それが、そうでもないみたいなんだよ!どうしてなんだろうね?早速見てみよう!


 

ノンエーでは好転反応によるニキビの悪化はまれ!

 

ノンエーを使用してみて好転反応のようなニキビが一時的に悪化したということは本当に少ないです。実際に口コミを見てみても、「ノンエーを使ったらニキビが悪化した!」という口コミはほとんど「ない」に等しいです。

 

 

ノンエーで好転反応が少ない理由

 

では、どうしてニキビケアに定評のあるノンエーでは好転反応が出にくいのでしょうか?その理由は、ノンエーに含まれている成分が関係しています。

 

 

ノンエーの成分の中には「グリチルリチン酸ジカリウム」という炎症を抑える成分が入っています。このグリチルリチン酸ジカリウムは、今あるニキビケアもするのですがこれから出来ようとしているニキビも出来にくい状態へと保ってくれるのです。

 

 

そのため、好転反応として炎症が出やすい状態になったとしても、このグリチルリチン酸ジカリウムが働いてニキビ対策をしてくれるのです。

 

 

好転反応と副作用の違い

 

しかし、やはりいくら好転反応が出にくいと言っても実際には好転反応が出る人もいます。でも、私達素人ではこれが好転反応なのか副作用なのか分別をつけることは出来ませんよね。

 

 

好転反応と副作用の違いを見極める方法は、残念ながらありません・・・。しかし、1つ見極める“目安”として肌が炎症を起こすタイミングの違いに注意して見てみるという方法はあります。

 

 

好転反応の場合

 

好転反応の場合は、新しい商品を使い始めてから2.3週間後くらいに症状が出始めることが多いです。これは、肌のターンオーバーがいつもより加速したことで、皮膚に溜まっていた毒素を通常よりも早く出してくれたことが原因です。

 

 

この場合、1.2週間くらいで症状は治まりますのでそのまま放置しておいて問題ありません。

 

 

副作用の場合

 

副作用の場合は、本当に肌に合っていないかアレルギーに反応してしまっているのかどちらかがほとんどです。このような場合は使用し始めてすぐに肌が赤くなったり、2.3日くらい経つとだんだん肌が炎症し始めます。

 

つまり、使用してすぐ、または2.3日くらいで肌が炎症し始めた時には副作用の可能性がありますので使用を中止してみてください。

 

 

※また、ノンエーを使う時に泡立てネットを使用している方は泡立てネットの管理方法にも気をつけましょう。泡立てネットを毎回しっかりと洗って風通しの良い所で保管していないと、カビの温床となる場合がありますので肌荒れする原因となる場合があります。

 

 

ノンエーの好転反応でよくある症状

 

最後に、ノンエーを使用してみて副作用だと思ったら好転反応だったという人達の症状はどのような症状だったのかご紹介いたします。

 

 

ノンエーを使用した時に起こりやすい好転反応の副作用には、

  • 肌がヒリヒリする
  • 小さなニキビがちょっと増えた

このくらいの症状で済んでいる場合がほとんです。つまり、一時的な症状の悪化といっても本当にニキビに悩んでいた状態以上のニキビが出来るということはほとんどありませんので安心してください。

 

 

※ただし、この症状でも副作用の場合も考えられます。こればっかりは個人差がありますので症状の様子を見てみてあまりにも肌荒れが長引く場合は、

  • 1度ノンエーの使用を止めてみる
  • ノンエーのサポートセンターに相談してみる(0120-374-475)
  • ひどい場合はかかりつけの皮膚科に行ってみる

などするようにしましょう。

page top